コンテンツへスキップ

Keio SFC ORF 2020 | オンライン展示 Online Exhibitionが公開されました。
SFC TOUCH LAB - FABのメンバーの作品が動画で閲覧できます。

今年は新型コロナウイルスの蔓延もあり、触ることを必ずしも是としません。触らずとも触れる体験をいかに生み出せるか、私たちは日々試行錯誤しています。

You can find the outcomes of SFC TOUCH LAB - FAB group 2020AW in the following URL.

https://orf.sfc.keio.ac.jp/2020/exhibition/sfc-touch-lab/

SFC TOUCH LAB Mini オープンラボ Live! 2021 AW[仲谷正史研究会 成果発表会]を行います。研究会履修を希望する方、聴講を参加を希望する学生の皆さんは、下記のGoogle Formよりお申し込みください。

We SFC TOUCH LAB are going to have a mini-open lab event on 1/14/2021 1/21/2021 at 2:30 pm. If you are interested in the activities of our lab, join this opportunity to learn what we have done in this "online haptics" semester.

(Update: Event poster created by Fira has been posted)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdYQLF9Hs5N1WgA2HeWuwY4kYGoNnclI4xYARNj79SYRaxrfg/viewform

Date:1/21/2021 (Thursday) (一週間後ろに延ばしました)
Time:2:30 pm-7:30 pm
Venue: on Zoom (link to be notified for registrants)

Schedule | スケジュール:
2:30 pm | Research Lab overview | 研究会の説明
3:00-4:00 pm Public presentation from TOUCH FAB (3 teams)
4:00-7:00 pm Public presentation from TOUCH SCI (group presentations)
7:00-7:30 pm General discussion

[TOUCH FAB 発表内容]
Haptic Reality - 映像コンテンツによる触感想起の探索的研究
Group 1: Absurd Reality
Group 2: Fake & Real
Group 3: Crossmodal Reality

[TOUCH SCIENCE 発表内容 (発表開始時間は前後する可能性があります)]
卒業プロジェクト研究発表
時間班:時間と触覚イメージ
4:00-4:30
• 難波海渡「スクロール操作に起因する開封時間が商品価値の印象に与える影響の研究」
• 長内心「串状カテラリーの抜去速度がもたらす食触感イメージの検討」
• 安楽沙也香「横スクロール型アクションゲームを評価する感性ワードの選定と緊張感と関係の検討」
Intermission - 門澤舞若 作品紹介 Part 1 「落ちそう」
4:45-5:15
個人研究
• 西門亮「Haptic Guiding Suit: 歩行時におけるウェアラブル触覚トラフィックナビゲーションシステムの開発」
• 門澤舞若「手のひらサイズの映像コンテンツによる触感イメージ想起の検討
視覚班:視覚と触覚イメージ
• 小梶直「盛り付けた食品の視覚情報が想起させる心的イメージが主菜の感性印象に与える影響の検討」
• 岡あかり「素材表面の輝度が「触れたさ」に与える影響の検討」
Intermission - 門澤舞若 作品紹介 Part 2 「蚊」「大切なもの」
5:20-6:00
音声学班:言葉と触覚イメージ
• 西村彩永「基礎化粧品名に含まれる音象徴が想起させる触覚印象の検討」
• 松浦佳奈子「言葉が想起させる触感・触動作印象による言葉の分類と解釈」
• 黒川果鈴「絵本に出てくるオノマトペの音象徴と想起させる触感印象の検討」
Closing - 門澤舞若 作品紹介 Part 3「あたらしい触感」

1/22/2021追記:開催しました。3-8pmの長丁場でしたが、ご参加いただいた聴講者の皆さま、ありがとうございました。

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス・環境情報学部・仲谷正史研究会は触覚の感覚・知覚をテーマに、人間の官能評価実験やフィールドワークを通して、触覚研究を推進しています。

2016年度より、JST さきがけ受託研究「安心感の醸成と孤独感の低減をめざすEmotional Reality 情報技術の確立」の助成を受け、触れることがもたらすことの価値について、特に乳幼児と養育者の関係の視点から研究を実施してきました。

本展示会では、研究期間に得た研究成果物を一般の方へのフィールドワークの一環として公開します。また、研究知見を利活用して実施した4件の研究プロジェクトを実事例として併置します。

触覚研究の拡がりと裾野の広さを体験してください。

2020/9/19 (Sat.) - 9/21 (Mon.)
Open hours: 11:00-18:00 (入場は事前予約制)
予約サイト:https://www.compath.city/

オンライン・ギャラリートーク: 9/19 (Sat.) 18:00-19:00  https://youtu.be/KlxVBFmA5XE
展示会ライブ配信: 9/21 (Mon.) 13:00-14:00  https://youtu.be/yvQMo3qeQmA

(2021/1/17追記:上記のライブ配信内容は、リンク先のYouTubeにて閲覧できます。)

【研究助成】
科学技術振興機構 JST さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築 」
安心感の醸成と孤独感の低減をめざすEmotional Reality情報技術の確立(JPMJPR16D7)

【展示者 | Exhibitors】
JST PRESTO Researcher
仲谷正史 | Masashi Nakatani

SFC TOUCH LAB onsite demos
最上紗也子 | Sayako Mogami
木曽律子 | Ritsuko Kiso
兒玉悠 | Haruka Kodama
大野雅貴 | Masaki Ohno

【展示協力 | Supports】
Space design | ハマナカデザインスタジオ
Visual design | so + ba

9/22/2020 追記:Thank you for coming our exhibition. ご来場いただけた皆さま、ありがとうございました。

お台場にある日本科学未来館の協力をいただき、現在、「親子のふれあい意識調査」のオンライン調査を行っています。8/14-9/30/2020までの期間をいただいています。

保育者・保護者がどのような接し方をすると、子供のより健やかな発達を促せるのでしょうか。科学的な知見を増やすため、みなさんのご経験をお聞かせください

ぜひご協力いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.miraikan.jst.go.jp/research/openlab/online/

SFC TOUCH LAB Mini オープンラボ 2020 SS[仲谷正史研究会 2020年度春学期 成果発表会]を行います。

We SFC TOUCH LAB are going to have an mini open lab on 7/16/2020 at 3pm.

参加を希望する方は、下記のGoogle Formにお申し込みください。

If you are interested in the activities of our lab, join this opportunity to learn what we have done in this "online haptics" semester.

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfPrX9SyY0GQea9RTvOxl0AlKw0lGq95ckRvYjGUXoOySlfHg/viewform

Date:7/16/2020 (Thursday)
Time:3pm-6pm
Venue: on Zoom

Schedule:
3 pm | Research Lab overview | 研究会の説明
3:10-4:20 pm Public presentation from TOUCH FAB (6 teams)
4:30-6:00 pm Public presentation from TOUCH SCI (One senior presentation and four group presentations)
6:00-6:30 pm General discussion

We have conducted SFC TOUCH LAB Openlab during 1/15-17/2020, at Tau building in Shonan Fujisawa Campus.
Ten bachelor students conducted and presented their research outcomes.

SFC TOUCH LAB オープンラボを湘南藤沢キャンパス 大学院棟 タウ館 エントランス部1階にて行いました。
10人の卒業研究プロジェクトの成果物、ならびに、メンバーの秋学期間の研究成果物を展示しました。

We the SFC TOUCH LAB are going to have an open lab event plan to exhibit our latest research outcomes in Shonan Fujisawa Campus at Keio University during January 15th-17th, 2020.

Venue: Tau building 1F, Keio Univ SFC. (Annoted as #11 in SFC campus map)
Date: 1/15-17/2020
Time: 1pm-6pm
Evaluation day: 1/16/2020 (Thursday), 4:30-6:30pm (a reception follows)

SFC TOUCH LAB オープンラボ 2020 AW[仲谷正史研究会 2019年度秋学期 成果発表会]は、1/15-17/2020の日程で開催予定です。

場所:慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 大学院棟 1F エントランス部 (SFCキャンパスマップ #11)
時間:1pm-6pm
講評会:1/16(木)4:30pm - 6:30pm(6:30pmよりプチ・レセプション)

学外の方もご覧いただけます。どうぞご来場ください。

また、2020年度 春学期特別研究プロジェクト(2/26, 3/4, 3/25/2020の3日間)「TouchEdu: 臨床教育学入門|身体の不器用さとはどういうことか」に参加希望の学生はこの期間に教員とコンタクトをお願いします。
https://vu.sfc.keio.ac.jp/course2014/summary/syll_view_c.cgi?yc=2020_44275&lang=ja&ks=A1202(塾生のみアクセス可)

過去の発表会の様子は、下記のnote記事にて紹介しています。
https://note.mu/sfc_touch_lab/n/n519a3beb7045